反社会勢力(反社会的勢力)に対する基本方針


反社ポリシー

株式会社ヒューマン(本社・三重県鈴鹿市)は、反社会勢力(反社会的勢力)に対するポリシー及び指針を制定しております。 法令順守(コンプライアンス)の一貫し、全社員に遂行を徹底しています。 以下の通り、公開いたします。

  • (1)反社会勢力(反社会的勢力)への対処方法については、社内規定などのルールに規定を定め、代表者。役員をはじめ、組織全体として対応にあたります。また、反社会的勢力に対応する社員の安全を確保します。
  • (2)反社会勢力(反社会的勢力)の排除に関し、三重県警をはじめとする各地域の警察当局、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築することに努めます。
  • (3)反社会勢力(反社会的勢力)に対しては、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。
  • (4)反社会勢力(反社会的勢力)による不当要求には一切応じず、不当要求が認められた場合には、必要に応じて民事および刑事の両面から法的対応を行います。
  • (5)反社会勢力(反社会的勢力)に対して、裏取引や資金提供は一切行いません。


参考資料

社内の役員・従業員向け指針(ガイドライン)

反社会勢力(反社会的勢力)は、いつ何どき、組織内のどこに攻撃・接触してくるか分からず、必ずしも反社会的勢力対応部署(同部員)の所に攻撃・接触してくるわけではない。むしろ、そのような対応部署(部員)ではない一般の部署、支店・営業所の一般従業員が第一次的に直接対応する可能性のほうが高いと言える。そして、初期対応如何によって、その後の事案解決の難易度が左右されることから、平素より、一般従業員(パート、アルバイト、派遣社員を含む)も、反社会的勢力への対応方法を身に付けておかなければならないのである。

研修

そこで、研修内容もそれに見合った実践的なものとしなければならないが、他方で、一般従業員は、その業務内容や企業内における立場(役職)、経験等が一様ではないことから、研修内容も、多様な一般従業員に対応可能な分かりやすいものとしなければならない。

教材

具体的には、ビデオ教材等を用いた反社会的勢力に対応する際の基本的心構えの確認や、企業内・業界団体等で集積したデータベースや事例集等を参考に、具体例に則した対応マニュアルの確認を行うなど、一般従業員がイメージしやすい研修を行うことが必要である。また、対応マニュアル等を踏まえたロールプレイング研修を行うことができれば、より効果的で望ましい。

マニュアル

さらに、平素より、企業内のイントラネット等を通じて、反社会的勢力対応に関する当該企業の指針やマニュアル・事例集等にアクセスすることができる環境を整え、反社会的勢力からの攻撃・接触に対する備えを一般従業員自身が行うことができるようにしておくことが望まれる。

人事考課制度

また、研修の受講や受講成績を昇給や昇進の際の検討項目に加え、昇進試験項目に反社会的勢力への対応方法に関する項目を加えるなどして人事考課制度とリンクさせることにより、一般従業員による反社会的勢力に対する適切な対応を、より効果的に促進することができるものと思われる。 そして、これらの研修は、すべての一般従業員に対し、(業種や企業規模等、個々の企業の事情に応じて)年に1回程度行われることが望ましい。

Copyright (C) 2018 human Corporation. All Rights Reserved.